Micromoon : the distance from each other / マイクロムーン:互いの距離 June 12, 2017 01:21

 

As many of you might know it, June 9th was a full moon day. This time full moon was different for me. I felt different. Soon I recognized the moon shining so clearly in the dark sky, I felt stunned with feeling a little bit of sadness. It was not like other full moon time, like you get excited, filled with joy and expectation, feel like it is the festival night and makes you feel as you wanna dance with a tambourine! But, noooo, not this time. It made me feel cool down, another word, calm down. It made me instantly to focus on myself. It made me quiet, stop, and zoom into my moment. I don't know why. It might be because it was the Micromoon, which is the point in the Moon’s orbit is farthest from Earth.

 

The moment of calm and focus on self is still continuing I believe. That kind of vibration is still coming down from the Universe and the energy of the Moon. It might make you feel lonely, staying in calm mind. But it does not mean you are stuck. You are definitely in the wave of Universe energy. It means, it is OK.

 

This kind of energy, however, make us feel as “I wish I had the person, even one is fine, to be able to discuss with same words, same point of view, same feeling, same laugh, same concern, same point of amazed, same point of hope!” As we say “Yes!” “I knowwwwww!” “Right!?” “OMG, exactly!!” “Noooooooo!(really understood)” “Neverrrrrr!(really agreed)” “ (LOLOLOLOL!!!!)” etc, etc, etc. The feeling as 'we are exactly in the same page' feeing. Not be answered by “ok (without understanding)” “…don't know..” “aha…(without listing well)”. Or frustrated with feeling "I am alone here without being understood. Nobody understand what exactly I mean, concern, being sad, so funny, interested or exited etc, etc, etc!!" “PLEEEEEASE Someone Listen to Me! And Understand what I am saying!!!!!! I need someone who is really with meeeee!!!!!”

We just wanna feel the feeling that we are communicating with the same vision of the same World.

‘The same visions’ might not educate ourselves, might slow the soul journey to grow up. But not all the time, you know?

 

...see?....You are not alone.

 

We don't wanna feel left. We don't wanna feel depressed. We don't wanna feel unloved.

We wanna feel being understood for real. We wanna feel very positive. We wanna feel loved.

 

Don't forget. It is OK to feel that way. 

We all have same struggle. 

 

Because, there is always ‘distance’.

Definitely.

 

Sometimes, however, we don't wanna feel that. We wanna forget about it.

We need to feel that we are understood, accepted and agreed. 

Don't give up. Let's try to express ourselves. Let's try to listen to each other. Let's try to understand each other more. Try to communicate. We continue trying.

 

Universe and Angels never ignore you. 

 

We really wanna feel united as 'ONE' together. 

 

There is distance.

But, we have love.

We are love.

 

Love, Love, ♥,

Setsu

ONENESS IN LOVE INC.

 distance©SetsuONENESS

 

ご存知の方々も多いと思いますが、6月9日は満月でしたね。今回の満月は私にとってちょっといつもと違った満月でした。違った感覚を味わったんです。群青色の美しい夜の空をふと見上げてくっきりと輝く満月にふと気が付いた時、突然理由なく悲しみとともにその場で唖然としてしまったんですね。いつもの満月とは全く違って、わくわくして、嬉しくてなんだかいろんなことを期待して、お祭りのような気分でタンバリンでも持って踊りたくなるような、そんな気持ちにはまったくならず、クールダウンされ、落ち着いてしまったような。瞬時に自分自身にフォーカスさせられた感じでした。心が瞬間にしん...と静まり、すべてのことが静止し、自分の瞬間そのものにズームインさせられたのです。なぜだかわかりません。もしかしたら、この日の満月はマイクロムーンと言われる、月の軌道のポイントが地球から一番遠くに位置している日だったからかもしれません。

 

この、冷静な感じの、自分自身にフォーカスをおいた感じは、まだ続いていますね。そういう波が宇宙から、月のエネルギーから降りています。その波はまだ少しの間孤独で冷静なマインドの状態にしたままにするかもしれません。でもそれはあなたが抜け出せなくなってしまったわけではありません。まさにあなたは大宇宙の波に乗っているだけなのです。それでね、オッケーなのです!

 

ただねー、その波は私たちを無性に「ひとりでもいいから、全く同じ言葉で、同じような見方で、同じ気持ちで、同じ笑いで、同じ心配で、同じことに驚いて、同じ希望を持って話ができる人がいないかなあああああ!!」と思わせるんですよねー。「いえええす!」とか、「そうなのよおおおおお!」とか、「でしょううう!!??」とか、「オーマイガーッド、その通り!」とか、「(ほんとに理解してくれて)ノーーーーーーー!」とか、「(心から同意してくれて)それ絶対ないよーーーー!」とか、「(ぎゃははははははははーー!)」とか。私たちってば同じとこにいるんだねー!、という感情を持てるような。「(理解してないくせに)オーケー」とか、「。。。わかんないけど。。。。」とか、「(ちゃんと聞いてもないくせに)うん。」とか、応えられたりしないで。わかってもらえずひとりぼっちの気分になってしまったりしないで。「誰も私が何を言ってるかほんとにわかってなんていないじゃん」とか、「私が何を心配して、何を悲しく思って、可笑しく思って、面白いって思って、何に興奮しているのか、誰もわかってないじゃん!」って落ち込んで。「誰かお願いだから本気で私の言ってること聞いてくれないでしょうか!?誰か私のことほんとにわかってくれる人、いませんかあああ(涙)!? 私とほんとに 今この瞬間 一緒にいてくれる人、いませんかああああ!?」

私たちはただ、同じ世界を見て、真に対話していると感じられる人が、必要なんですよね。そしてわかりあいたい。

同じ物の見方をしているということは、自分に学びを起こさないかもしれないこと、魂の旅の成長を遅らせることになってしまうことにもなりえることをちゃんとわかってはいるんですよね。でもね、毎回そうとは限らないじゃないですかね。

ね?そんなふうに思っているのはあなただけではないのです。

 

私たちは、取り残されたような気持ちにはなりたくない。

落ち込みたくない。

愛されていないなんて感じたくない。

 

私たちは、本当に理解してもらった、って感じたい。

ちゃんとポジティブでいたい。

愛されていると感じたい。

 

忘れないでください。そう感じてもよいのです。

私たちは皆同じようにもがいているのです。

 

なぜか。

それはいつも「距離」というものがどこにでも誰との間でも存在しているからです。 

 

 

だけど、時々、その「距離」というものを感じないでいれたらいいのに。それを忘れてしまえたら。

 

私たちは、本当にわかってもらえて、受け入れられて、賛同されたという感覚を感じる時が必要なのですね。

あきらめてはいけません。くじけず自分のことを表現してみましょうよ。お互いちゃんとしっかり聞いてください。お互いをもっと理解できるようトライしてみましょうね。対話をトライするのです。トライし続けるのです。

 

大宇宙と天使たちは、私たちを無視したりはしません。

ちゃんとわかってくださっています。

 

私たちは本当に一緒に「ひとつ」になったという感覚を味わいたいのです。

 

距離は存在します。

だけど、私たちには愛があります。

私たちが、愛なのです。

 

らぶ、ラブ、♥、

Setsu (節)

ONENESS IN LOVE INC.