Blog

2018 Super Blue Blood Moon; Death & Rebirth /2018 スーパーブルーブラッドムーン;死と再生 January 30, 2018 20:05

©SetsuONESS IN LOVE

 

Big and brilliant ‘Super Moon’ welcomed us and blessed us on the first day of 2018. Hello everyone, how’s your brand new start going so far? This is Setsu. I hope you are enjoying your new days.

Now, we are going to meet the second time of full moon during one month this time (Blue Moon), before the second month of the year! It also comes to the place closest to our earth (Super Moon)! And more of that, it's blessed to have a chance as a lunar eclipse (Blood Moon)! It's amazing, isn't it? I'm excited.

As the energy of super blue blood moon called 152 years after approaches, creatures, including us humans, begin to feel uneasy quietly. It is said that Native American people used to believe that the moon has died when a lunar eclipse happened, and they kept hoping, praying and waiting for the moon’s rebirth. We, humans, are experiencing our energy move as quiet but big wave, as nature’s energy flows as invisible big wave, during this magical event. And, this magical energy causes the souls once said bye to this world feel as if they came back to this world again.

 

This has happened yesterday.

I was connected with the soul that has gone to the trip in heaven suddenly, much earlier than his family and friends expected, by his own decision.

 

・・・・・・・・・・・・

 

I forgot I used to have big laugh quite often with my brothers holding a stomach, I forgot what was so funny, though.

 

Although a lot of people were sending love to me, I was not there, out of my body by only my heart, as If I was an invisible man.

 

In whatever kind of crowd I was, I was lonely.

 

Even if I was in the loud music, only silence was heard in my ears.

 

The overcast world, which covers my ears with somewhat all the while.

 

Time, which never ends, as felt my throat was being tightened up all the while, chokingly.

 

My cheek at which can't have laugh any more.

 

I wanna scream for the help, but my mind’s saying it’s better to be left alone.

 

Many times I cover my face with both hands

 

trying to awake from this darkness.

 

 

And I open my eyes,

 

just to find nothing has been changed.

 

After I get tired,

 

really exhausted,

 

I begin to think that it might be ok maybe.

 

Maybe I can make it ended. All ended.

 

 

 

Maybe your voice has carried for no one.

 

But you don't know a lot of Angels have heard your inner voice.

 

Maybe no one noticed your tears.

 

But you didn't know that there was a person praying for you.

 

 

 

Alas…

 

How come,

 

How come did I forget everything?

 

I wanted to be alive again, and wished to live my life again.

 

What made me, us, laugh that much.

 

How my heart was filled with happiness to lead my tears stream down on my cheek at that time

 

How I was able to keep walking and running ahead so strenuously.

 

How my heart was overflowed by the huge love for my family, friends, and my loved ones.

 

Bright days and moments filled with joy.

 

The days I was able to believe that I was loved as what I was.

 

 

......How come I forgot all!

 

 

Even if I mourn and mourn, I cannot go back anymore.

 

Although I'd like to tell you, touch your hand, and hug you, I can’t reach you anymore.

 

Even if I fell, even if I made a mistake, even if I felt depressed, all I had to do was just begin to breathe deep, get up, laugh and walk again.

 

Uh, I could have gained the shining moments and myself again and again.........

 

 

 

Even if you become broke,

 

Even if you fail,

 

Even if you lose your love,

 

Even if you hurt someone by mistake,

 

Even if your appearance changes,

 

Even if you can't be out from darkness now,

 

  

You are NOT alone.

 

NEVER left alone.

 

 

So, please don't bring your life to an end.

 

Please don't convince yourself that you can never laugh again.

 

Please don't believe you won’t see light any more.

 

 

You are born here, that means that you have the limitless power,

 

that immeasurable love is reaching you constantly,

 

even if you feel you lost your hope, the hope never be buried,

 

that time when your smile shines, you laugh uncontrollably, you love each other with someone, etc. will come to you again certainly,

 

that light of help for you is right there right now with you,

 

 

please remember.

 

 

And remind yourself that you yourself is the light, you are the hope, you are the love, and your are the power.

 

Please remember.

 

I love you. I am praying for you. I am sending you light.

 

 

・・・・・・・・・・・・

For a long time, I can say whole night last night, I was caught up with his emotion.

I cried suddenly, with his sorrow, his smile and laugh I saw with him while he was recalling his life, his love for his loved ones and his love for his life, and also his loved ones' pain and sadness for their loss and memories.

That was so painful and deeply sad.

 

 

For the person who can't go anymore out from the world of darkness by feeling all alone.

 

For the person whose body doesn't move anymore and is in the grief, which leads you to the feeling as if you are going to stop breathing.

 

For the person who has fear to get drown in the responsibility of doing all that have to be done strenuously every day; go to work, go to school, work extremely hard, etc etc etc.

 

For the person who are spending the moment that you cannot see anyone, cannot hear anybody’s voice anymore, even in the crowd.

 

********

Close your eyes softly, watch yourself with eyes of your heart, lying down and feeling you can't move any more.

 

One deep breathing quietly and softly.

 

Gently, make yourself rest.

 

Beautiful light begins to be seen dimly around your body.

 

You notice that your guardian angels are watching you gently warmly around your body.

 

Slowly, breathe deep again.

 

And smile.

 

One of your guardian angels offers you his hand.

 

You take his hand and get up slowly and firmly.

 

Stand up, and connect with the Mother Earth through the ground, and stretch and touch the Heavenly Universe through the sky.

 

Well, it's the time you are going to be born to TRUE yourself; fearless, powerful, hopeful, shining ‘you’.

 

With the gentle and powerful light of the full moon.

********

 

Please remember that every day is a day of the miracle given to you.

And yes, you wished this. Strongly and positively.

 

Even if you get angry, even if you feel so down, even if you cry,

please don't give up.

Try to breathe slowly and deeply.

It's ok to ask for help. Talk. Express. Cry. Show. Tell us you need help.

It's all right.

You are not alone. You are loved.

And get your beautiful smile again, enjoy fully your precious life, your day, your moments.

You will realize that it was not the end at all.

It was the path for you with light.

 

2018, I wish all of you have greatly joyful heartful and happy one.

  

Setsu

ONENESS IN LOVE

 

 🌕

 

スーパームーンという満月が大きく輝く1月1日で迎えた2018年。もうすぐ2番目の月に入ろうとしています。

皆さん、お元気でいらっしゃいますか?節(Setsu)です。お久しぶりでございます。

今度は、その2月に入る直前の1月31日、ひと月の間に二回目の満月を迎えるという日で(ブルームーン)、それも地球に一番近いところまで来てくれて(スパームーン)、なんと月蝕(ブラッドムーン)という機会に恵まれるのだそうですね。なんだかすごいですよね。ワクワクしてしまいます。

150年ぶりと言われるスーパーブルーブラッドムーンのエネルギーが近づくにつれ、人間を含めた生物の心が静かに騒ぎ出します。昔、ネイティブアメリカンの部族は、月蝕が起こると月が死んでしまったのだと信じ、全員で祈り続け再生を待ち続けたのだそうです。私たちのエネルギーも自然のエネルギーも大きく静かに波打ちます。そして、この世に別れを告げた魂たちも、不思議な月の大きなエネルギーの中、ここに戻ってきたような錯覚を持ちます。

昨日、こんなことが起こりました。

ある、自ら、みんなより先に天に旅立ってしまった魂と、繋がりました。

 

・・・・・・・・・・・・

 

 仲間と何度もお腹を抱えて大笑いしたことを、僕は忘れていた。

 

たくさんの人たちが僕に愛を送ってくれていたのに、透明人間のように自分の体から僕の心だけ抜け出していた。

 

どんな人混みの中にいても、僕はたった一人だった。

 

大きな音楽の中にいても、僕の耳には静寂しか聞こえなかった。

 

ずっと耳を何かで覆っているようなくぐもった世界。

 

ずっと喉を締め付けられているような息苦しい終わらない時間。

 

もう笑えなくなってしまった僕の頬。

 

助けてと叫びたいのに、ひとりにしてと願うマインド。

 

両手で顔を覆うことを何度も繰り返し、

 

この暗闇から目覚めようとするけれど、

 

目を開ければ

 

何も変わらない。

 

疲れて、

 

疲れ果てて、

 

もう、よいかな、と思い始める。

 

もう、終わりにしていいのかな、と。

 

 

 

あなたの声は、誰にも届かなかったかもしれない。

 

だけど、たくさんの天使たちがあなたの声を聞いていたことを、あなたは知らない。

 

あなたの涙を、誰も知らなかったかもしれない。

 

だけど、あなたの為に祈ってくれている人がいたことを、あなたは知らなかった。

 

 

 

ああ、、、、、、、

 

僕は、なんで、、、、

 

なんで、忘れてしまったんだろう、全て。

 

なんで、もう一度生きたくて願って願って生まれ変わったことを。

 

なんで、あの時、あんなにおかしくて笑ったのかを。

 

なんで、あの時、心が溢れるほど満たされた涙が僕の頬をつたったのかを。

 

なんで、僕は一生懸命に前に向かって歩いていたかを。

 

なんで、こんなに家族を、友達を、たいせつな人を愛する心が溢れたかを。

 

あんなにきらきらした時間に満たされていたことを。

 

僕がただ、このままの僕で愛されていたことを。

 

なんで、忘れてしまったのだろう。。。。。

 

 

悔やんでも、悔やんでも、悔やんでも、もう、戻れない。

 

伝えたくて、手に触れたくて、抱きしめたくて、だけど、もう、届かない。

 

転んでも、ミスしても、落ち込んでも、ただ、深呼吸して、また起きて、笑って歩き出せばよかったのに。。。。

 

あのきらきらした瞬間と自分に何度でも戻れたのに。。。。

 

 

 

たとえあなたが、一文無しになっても。

 

たとえあなたが、何か失敗してしまっても、

 

たとえあなたが、とても辛い恋を失っても、

 

たとえあなたが、誰かを傷つけてしまったとしても、

 

たとえあなたの外見が変わっても、

 

たとえあなたが今、暗闇から抜け出せなくていても、

 

 

あなたはひとりじゃない。

 

ぜったいにひとりじゃない。

 

 

だから、どうか、終わらせないで。

 

どうか、もう二度と笑えないと思い込まないで。

 

どうか、もう光など見えないのだと思わないで。

 

どうか、ここに、生まれていることで、あなたには無限の力があると、

 

あなたには、計り知れない愛が届いているのだと、

 

あなたの希望は、なくなってしまっても、埋れてしまってもいないのだと、

 

あなたの笑顔は、あの、笑い転げる時間は、だれかと愛し合う時間は、

 

必ずまたやってくるのだと、

 

救いの光は、すぐそこにあるのだと、

 

どうか、思い出して。

 

 

そして、光も、愛も、力も、それはあなた自身でもあるのだと、

 

思い出して。

 

 

愛しています。祈っています。光を送っています。

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

長い時間、たぶん一晩中と言っていいと思うのでですが、彼の感情が私にとりついていました。

突然、何度も、泣きました。彼の悲しみと、彼と一緒に見た彼の人生の出来事の中の彼の微笑みと大笑いと、彼が愛した人々への愛情と、彼自身の一生懸命だった人生への愛と、また、彼を愛するご家族やご友人達お仲間、彼を愛する人々の心の痛みと行き場のない思い出の悲しさと。

それは、言葉では表せない深い痛みと悲しみでした。

 

全ての、ひとりぼっちで暗闇の世界から出ることができなくなっている人に。

身体が動かず、息が止まってしまいそうな悲しみの中にいる人に。

毎日仕事に行き、学校に行き、やるべきことを懸命にやる責任の中で溺れそうな人に。

人混みの中にいるのに、誰も見えず、誰の声も聞こえなくなる瞬間を過ごしている人に。

 

********

 

目をそっと閉じ、横になり動けなくなっている自分の体と思いを、心の目で見ます。

 

静かにそっと深呼吸をひとつします。

 

穏やかに、休息させます。

 

横たわる自分の体の周りに光がうっすら見え始めます。

 

気がつくと、守護天使たちが体の周りで暖かく優しく見守ってくれています。

 

目をゆっくりと大きく開けます。

 

もう一度ゆっくりと深く呼吸をします。

 

そして、微笑みます。

 

周りにいる守護天使たちの一人が手を差し伸べてくれます。

 

その手を取り、ゆっくりと、だけどしっかり起き上がります。

 

立ち上がり、大地を通して地球と、宇宙を通して天と、繋がります。

 

そして、さあ、力強い本当の自分に生まれ変わるのです。

 

満月の、優しく輝く光とともに。

 

********

 

毎日が、与えられた奇跡の日なのだと、どうか思い出してください。

そして、そうなんです、それは、あなたが強くそしてとてもポジティブに願ったものなのです。

泣いても落ち込んでも怒ってしまう事があっても、

どうかあきらめないでください。

ゆっくりと深呼吸してみてください。

助けを求めても良いのです。話して。表現してみてください。泣いていいんです。もう隠し通さなくていいのです。助けが必要なのだと私たちに言ってください。

だいじょうぶ。

あなたはひとりぼっちではないのです。

あなたは愛されているのです。

そしてまた笑顔で命を、人生を、1日を、瞬間を、きらきらと元気に謳歌してください。

いつか、わかります。あれは終わりではなかったんだと。

光と共にあるあなたへの道だったのだと。

 

2018年、どうか皆さまにとって、喜びに満ちる、そして光溢れる、勇敢な、うんと幸せな一年でありますように。

 

ONENESS IN LOVE